Our Blog

Lunny’s veggie通信Vol.7 2017 2/3


2017 2:3

●Lunny’s veggie通信Vol.7●
菜園料理家藤田承紀とキャラクターアーティストタロアウトのユニット
「Lunny’s veggie」の情報を発信するラニベジ通信!
今回は引き続き、「未来の笑顔を’’シェア’’する」為のコンセプトの一つについて。
神様というのは見ていてくれるもので、今回の取り組みを後押ししてくれるかのように、素敵なプレゼントをくれました!
先日、僕たちが今回の思いつきをファーマーズマーケットの担当者さんにお話させていただいた所、大賛成してくださり、「素晴しいですね!そういう事なら、’’みどり号’’使いますか?」とのご提案をくださったのです!!
説明しよう!!
‘’みどり号’’とは!?
経済産業省資源エネルギー庁の再生可能エネルギー普及促進の取組『GREEN POWER(グリーンパワー)プロジェクト』で誕生した、ソーラーパネルカーであります!!
ソーラーパネル3枚を設置している「みどり号」は、5時間の日照時間の場合2日でフル充電(1800W)となり、以下のことができます。
・光を灯せる
30球をつけた電球ガーランドでは約10時間灯すことができます。
・充電ができる
MacBookでは連続30時間、iPhoneでは連続180時間使うことができます。
・料理ができる
業務用冷蔵庫を約30時間使うことができます。
・音楽が聴ける
ミキサーを使ってDJプレイを約10時間楽しむことができます。
なんと、粋なやつよ!!!
これで、ゴミゼロに続き、エネルギーもゼロで出店が出来ます!!
みどり号で産み出せる電気は、大型設備に比べたら、本当に些細な量です。
ですが、その些細な電気でも、日常の一部を、まかなえてしまうんです。
夜に明かりを灯し、音楽を聞きながら、よく冷えたドリンクを飲んで、友人と語らう。
そう。
普段、電気って、そんなに必要ないんです。
「へ〜、それだけの電気で、それだけの事ができちゃうんだ!」
という気づきと同時に、日本中の人達の、たっくさんの電力を毎日産み出す事が出来ている大型設備のスゴさも考えてもらいたい。
太陽だと2日間かかる充電が、一瞬で終わる凄まじさの裏にデメリットが無いかも、考えてもらいたい。
電気が無くなった時の日常、電気が無くても出来る楽しみ、電力が途絶えても心の繋がりがある人。
僕たちは当日、そんな事も考えながら、カップにポタージュを注がせていただきます♩
ファーマーズマーケットの皆様!
ありがとうございます!
●場所
青山ファーマーズマーケット

http://farmersmarkets.jp/

●最寄り駅
東京メトロ表参道駅
B2出口より徒歩3分
●日時
2月11日(土)12日(日)
10:00〜16:00
※この間、僕たちはずっといます!
●内容
「chips&potage」
どっさりおさつチップス&あったか人参ポタージュ!